アディダス ジャージの歴史カテゴリの記事一覧

アディダスといえば

アディダスといえば、やっぱりブルースリーでしょう?

え?、ブルースリーって誰って?

ブルー・スリーじゃないよ(笑)、ブルース・リー。

あたしは、彼はアディダスのジャージを着ていたと思っているんですが、記憶違いですか?
たぶん記憶違いなんでしょうね。

では、キルビルは?
彼女はアディダスのジャージを着ていたか?

私が勝手に、黄色いジャージ=アディダスのジャージだと思っているのでしょうか?

アディダスのジャージといえば3本ラインが有名。

そのほか、アディダスのジャージは・・

ワールドカップで使用した、アディダスの国別ジャージや、
お決まりの3本ラインのボディの左胸にお馴染みのロゴマーク
の刺繍入りアディダス 3本ラインラグランジャージ。
さらには、adidas Originals COURT WIND BREAKER など。

アディダスジャージの基本

アディダスジャージの歴史は、先日述べたが、アディダスとプーマが、それぞれダスラー兄弟商会から分離して出来たことには驚きである。

弟のアドルフはアディダス社を設立。
兄のルドルフはRUDE社を設立。これが翌年プーマ社となり現在に至っている。


現在のアディダス社は、世界中に展開し、スポーツを愛する心で世界中の若者に夢と希望を与えている。