アディダスジャージのタイプ

アディダス(adidas)のロゴは2種類。

よく見かける三本線のアディダスロゴは主にスポーツブランドに、楓を象ったロゴは主にアディダスのファッションブランドに付けられる。


また、アディダス(adidas)のブランドマークは3つ。

■アディダス スポーツヘリテージ
アディダスのもっとも一般的なブランド。
1972年に登場。
アディダスオリジナル商品に付けられる。

■アディダス スポーツパフォーマンス
アディダスの最高のスポーツパフォーマンスのために設計
1997年に登場
スポーツ時とオフの時の両方の着用を提案。

■アディダス スポーツスタイル
スポーツとファッションを融合したアディダススタイル。
2002年に登場

アディダスジャージのタイプ

アディダス(adidas)の製品は、フットウェアから、テニス、サッカー等の機能別の他、メンズ、レディース、キッズと種類も豊富。

■アディダス国別ジャージ
adidas Track top JK・ワールドカップ
ワールドカップで使用した、アディダスの国別ジャージ。
最近は、ジャージの一掃セールで5400円程度で販売されている。


■adidas アディダス 3本ラインラグランジャージ
お決まりの3本ラインのボディの左胸にお馴染みのロゴマーク
の刺繍入り。
最近では、アディダスのジャージは、古着市場ではなくてはならない存在となっています。


■adidas Originals COURT WIND BREAKER
70年代に大流行したモデルの復刻版。
ナイロン素材を使用し軽量。
最近は8470円が相場。

アディダスの歴史

■アディダスの歴史

アディダスは、ドイツのニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハというところで、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」から始まった。

その当時のアディダスは、兄のルドルフが販売、弟のアドルフが生産を主に担当。

最初は、スポーツ用品ではなく、靴だった。もちろんジャージもなし。

その後、意見対立により「ダスラー兄弟商会」は解消。

弟のアドルフはアディダス社を設立。
これがアディダスの始まりである。

「アディダス」とはアドルフの愛称「アディ」と「ダスラー」をつなげたもの。

兄のルドルフはRUDE社を設立。これが翌年プーマ社となり現在に至る。

アディダスのジャージ、プーマのジャージとして、兄弟で世界市場を独占している。